ロード・レーウ「チーズフォンデュ」


ロード・レーウは、ある意味においてHTBを代表するレストランです。もともとオランダ料理の専門店だったのですが、「変身」によって、ハウステンボスがオランダだけでなく、ヨーロッパ全体へと方向性を拡大したことにより、「オランダ料理」の看板を捨て、ビストロとして生まれ変わろうとしました。

ロード・レーウと言えば、チーズフォンデュ。チーズフォンデュと言えばロード・レーウ(チーズワーフにもありますが)という感じだったと思うのですが、「変身」によりその看板メニューを捨て去りました。

その後試行錯誤を重ねていたように(傍からは)見えましたが、やはり店の看板となるメニューは必要で、チーズフォンデュを超える看板メニューは簡単にはできないこともあってでしょう。昨秋、期間限定メニューとして、復活後、期間延長を重ね続け、今や再び看板メニューとして復活したと言っていいでしょう。

そもそも「変身」の象徴的な感じで、オランダ料理の看板を外した事に問題があったと私などは思います。世にフランス料理の店やイタリア料理の店は数多くあります。HTB内においても、プッチーニやデ アドミラルなどと競合する部分が多くなってしまっていたように思います。
オランダ料理を中心とした欧風料理と言った感じが良いのではないかなァと思っていました。そもそもチーズフォンデュはオランダだけでなく、スイス(こちらがむしろ有名では?)やイタリア、フランスなどヨーロッパ各国で食べられている料理だと聞きます。

何はともあれめでたく復活し、定番の名物料理として存在価値を発揮しているチーズフォンデュをいただいてきました。

自慢の味!というチーズソースは、ゴーダチーズを主に2種類のオランダチーズを用い、白ワインで溶かして作った(チーズワーフのチーズソースの方がワインの風味が強いような気がします)まろやかで、トロトロ!
具材は季節により旬のものを用いて内容は異なるようです。この日はパンに牛肉、海老、ブロッコリー、アスパラ、ジャガイモ、小玉葱、ニンジンといった内容。
肉も美味しいですが、やはりパンがチーズとの相性が抜群。そして春野菜がとっても美味!
好みはあるかと思いますが、その存在感はやはりHTBを代表する名物料理の1つと言っていいでしょう。
2名からでディナータイムだと1人5,000円という点で利用しにくい面を残していますが。

本日の逸品 チーズフォンデュコース 1人5,000円(2名より) ロード・レーウ

ディナータイム
チーズフォンデュコース      1人¥5,000(2名より)
  オードブル
  チーズフォンデュ
  シェフのおすすめデザート
  コーヒー

ランチタイム
チーズフォンデュセット        ¥2,500
  チーズフォンデュ
  シェフからのデザート
  コーヒー

"ロード・レーウ「チーズフォンデュ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント