デ アドミラル 「エピキュロスの正餐」

画像

 現在、ハウステンボス、ホテルヨーロッパのメインダイニング「デ アドミラル」において期間限定で、「エピキュロスの正餐」の特別メニューをいただく事ができます。
【日時】平成18年10月25日(水)~11月5日(日)
17:00~22:00 (ディナータイム)
【料金】\12,600(サービス料別途10%)
【予約・問い合わせ】 ホテルヨーロッパ デ アドミラル 0956-58-1111

 近代フランス料理の祖と言われるオーギュスト・エスコフィエ。そのエスコフィエの呼びかけで、世界中で共通のメニューでの晩餐会が 1912年、第1回『エピキュロスの正餐』の名称で開催されたのだとか。
 今回の「エピキュロスの正餐」は、エスコフィエ生誕160周年(2006年10月28日)を記念したもので、「メニューはフランスのエスコフィエ協会より、世界のエスコフィエ協会会員が共通メニューで晩餐会を開催し、エスコフィエへの敬意を表明するべく協議、発表されたもの」だそうです。

 細部においては、各レストランにより異なるとはいえ、世界中で共通メニューのディナーなんて、なんだかわくわくしちゃいませんか?
 で、そのメニューなんですが、
             世界共通メニュー

              コンソメ・シュゼット
        ノルウェー産サーモン ロワイヤル風
         仔羊のノワゼット ファヴォリート風
               ポム・アンナ
            ペーシュ ネリー・メルバ
                セイヴォリ
               ミニャルディーズ


 う~ん、何だかよくわからんぞ・・・;;スープで始まって、3品目がメイン。その後(普通でいったらデザートの部分)が長いのですが・・・
 これ、オーダーする人はフレンチに詳しい方か、私のような物好きか、レストランスタッフへの信頼感によりお任せでオーダーする方か・・・。

  「エスコフィエの遺したメニューを再現する『エピキュロスの正餐』」で、「クラシックの原点、料理人の技量が試される内容」らしいのですが、はてさてどんなディナーなのでしょう。。。

 10月29日にいただいてきましたので、私なりにご紹介させていただきます。
 あらかじめお断りしておきますが、以下のレポート、不正確な部分、誤りもあるかと思いますので、ご了承くださいね。

画像

オードブル
 共通メニューはスープからスタートしているのですが、料理長の意向もあってオードブルをつけているのだとか。こういうのは嬉しい♪オードブルって私にとっては楽しみなんです。 
 茄子・ヤリイカ・帆立のマリネ(左上)、人参のピューレ(左下)、五島豚のカナッペ(右下)
 マリネも食感と味わいが楽しく、人参もくさみがなく風味が楽しめるもので、カナッペはアルコールもってこい!ってなもんです。この日は車なのでジンジャーエールなのが悲しい。。。

画像

コンソメ シュゼット
 ハウステンボスホテルズでいただくスープってとっても丁寧な仕事で美味しいのですが、このエスコフィエのレシピによるコンソメもとっても素晴らしいです。
 トリュフとセロリの千切りにロワイヤル(賽の目切りした卵豆腐みたいなもの)が入っていて、香り豊かで、エキスがギューッと詰まった滋味溢れる、素敵に澄んだスープです。パルミジャーノ・レッジャーノが別皿に添えてあり、好みによりスープに溶かしていただきます。これにより異なる味わいが楽しめるのですが、そのままいただくのが私好み。ってチーズはチーズでいただきましたが;;
 このスープをいただいて、あらためてハウステンボスホテルズはエスコフィエの流れを汲む正統派のフレンチなのだと実感です。それ位、いつものスープも素敵に美味しいのです。

画像

ノルウェー産サーモン ロワイヤル風
 これ大好き!サーモンのラグー(煮込み)なのですが、厚みのある身がぱさつく事もなくしっとり幸せな柔らかさでサーモンの美味しさが堪能できます。
 魚のダシにクリームのソースにマデラ酒を使ったソース。付け合せは愛野産ポテトに魚のクネル(すり身、つみれのようなものですね)、そしてエクルビス。エクルビスっていわゆるザリガニなんですが、小さな伊勢海老って感じで旨い!です。

画像

仔羊のノワゼット ファヴォリート風
      ポムアンナ
 素敵なロゼ色の焼加減の仔羊はやわらかくって美味。ノワゼットというのは肉などを丸い形に切る事のようです。甘めのソースと良くあってます。
付け合せはフォアグラのソテーにポムアンナ、アスパラを生ハムで巻いてソテーしたもの。
 付け合せにフォアグラってのも贅沢ですが、アスパラも良質。生ハムの塩気と良くあって美味。
 ポムアンナは別皿で出すレストランもあるらしいですが、アドミラルではつけあわせとして添えてあります。ポテトの薄切りを重ねてカリッと焼き上げたものです。 

画像

ペーシュ ネリー メルバ と セイヴォリ
 桃のコンポートにフランボワーズのピュレがかけてあり、バニラアイス、クリームが添えてあります。胡麻風味のパイスティックもサクッとして美味。
 セイヴォリとは皿の左上に添えてあるもので、塩味を効かせたプチシュー。イギリスではポートワインとともに、つまんで食事の余韻を楽しむとか。別皿で出すところもあるのかもしれませんが、添え物で十分かな?という気も。


画像

デ アドミラル特製デセール
 ペーシュ ネリー メルバをいただいているとゴロゴロとワゴンが。
メニュー表示はされていませんでしたが、そこはアドミラルのディナー。特製デセールのワゴンサービスがあり、好きなものをいただく事ができます。
 今回はワゴンの写真は撮っていませんでしたので、左の写真は9月23日に秋の味覚フェア・ディナーをいただいた時のものです。
 私はキャラメルのムースとチョコとマロンのケーキをいただきました。ってこれ9月23日と同じチョイスになりましたが、美味しいんです。

画像

かわいい小菓子コーヒー
 加えて「ミニャルディーズ」。ミニャルディーズって小菓子の事なんですね。これからしてもハウステンボスホテルズが正統派のフレンチって事を示しているようです。

 なかなかに興味深く、美味しいディナーでした。特にコンソメスープとサーモンが私は気に入りました。デザートの3連荘は、デザート好きな方には魅力では。
 このエピキュロスの正餐は各地のエスコフィエ協会会員在籍のホテル・レストラン56か所で提供されているようで、長崎県ではアドミラルと長崎市のニュー長崎ホテルのみだとか。

本日の逸品  エピキュロスの正餐  13,860円(税・サービス料込み) デ アドミラル

この記事へのコメント

catrui
2006年11月02日 08:44
うっわー。おいしそうです。何だろう。おいしいコンソメって魅力的ですよね。スープ大好きなんです。結構ボリュームもありそうですね。期間限定のところがまたそそりますね。10年後ぐらいにまたやってくれるといいな。
March
2006年11月02日 11:11
私もHPで見てイメージが全くわかないメニュー(ロワイヤル風はどこかで聞いたことが有ったような??)だったので凄く気になっていました。確かに、世界中の方が同じ料理を食すって変な感じですね(笑)食してみたいですが、自粛中の身。。(泣)
びょり
2006年11月03日 21:04
各所でアレンジはされど、世界中で同じ頃同じ料理を食してるなんて、確かに面白い。
何か食べながら世界を感じてしまいそうです。(笑)

…デザート3本立てってのも珍しいかと…どちらかと言えば甘党さん向きなように思えますね。
mattarinonbe
2006年11月05日 09:33
catruiさん、コメントとトラックバックありがとうございます。
スープ好きならエリタージュやアドミラルはお勧めです。
私もまたやって欲しい、そんな気がします。
mattarinonbe
2006年11月05日 09:45
Marchさん、コメントありがとうございます。
イメージがわかないメニューって気にはなってもオーダーし難いですよね。せっかくのメニューですからもう少し案内の仕方があったのでは?って気もします。

このディナーよりも大きな楽しみがこれから待ってますものね♪
mattarinonbe
2006年11月05日 09:47
びよりさん、コメントありがとうございます。
できればこのメニューに決まった背景などもわかるともっと興味深かったような気もします。デザート3本立にしてもかつてはそのような形式であったのかな?って気もしますし。。。
Scotttip
2017年01月07日 09:42
Its like you read my mind! You appear to know so much about this, like you wrote the book in it or something. I think that you can do with some pics to drive the message home a bit, but instead of that, this is excellent phorum. An excellent read. I’ll certainly be back. http://boinc.riojascience.com/team_display.php?teamid=100115

この記事へのトラックバック

  • 光の街宿泊プラン!!

    Excerpt: ハウステンボスのホームページに「光の街宿泊プラン」が登場です。どれも素敵。サンタさんが近づいてきてるって感じですね。 ところで、前回、ホテルカスタマーズクラブとモーレンクラブの案内が来たのが9月.. Weblog: ハウステンボス行きたいな racked: 2006-11-02 08:45