パティスリー「ブッシュ・ド・ノエル」

画像パティスリーハウステンボスのユトレヒト地区ドムトールンの1階にあるチーズケーキなど美味しいデザートをいただけるお店。
特に四季折々季節感のあるオリジナルデザートが楽しみでオヤジでありながら、通っております。

この12月はクリスマスシーズンと言う事で、ブッシュ・ド・ノエルが登場です。
切株の形をしたお馴染みのケーキですね。

ブッシュ・ド・ノエルについては下井 美奈子さんが由来などを書かれていますので、ご覧になってみてください。
「フランス語でビュッシュ(ブッシュ)」は「薪(まき)」という意味で、「ノエル」は「クリスマス」を意味します。
「ビュッシュ・ド・ノエル」はその名の通り 「クリスマスの薪」 となります。
とあり、なぜ薪なのか、その由来を4つ紹介されています。
由来がいろいろあるという事は、「よ~わからん」という事ですね。とすれば自分の気に入ったものを「由来」だと思っておけば良いのでしょう。
キリスト教徒でない日本人にとっては、O・ヘンリー調の
貧しく、恋人へのクリスマスプレゼントも買えないある青年が、せめてもと、薪の一束を恋人に贈ったというちょっとロマンチックな説です。
あたりが一番ピンと来るかもしれないと、オヤジには「似合わ~ん」のですが、この説に一票入れておきましょう。

で、パティスリーのノエルはGさんによる
作るのに5~6分かかります。なんせスポンジも注文が入ってから巻くんですから
だとか。で、Mさんによる
注文してから作るノエルって初めて聞きました。
これはこれですごいと思いますよ♪
なのだそうです。

・・・引用ばっかしで楽してんじゃない?って声が聞こえてきたような。。。
お二人のレポを見るともうあんまし書く事ないんですよねぇ。。。
予想したよりも甘くなくて、パクパクいけちゃいました。チョコレートのスポンジ生地をロール状にした中にはこの日は洋ナシのコンポートが入ってました。Gさんによると前回食べたときはイチゴが入っていたという事でしたから、日によって異なるみたいで、そのあたりも楽しみのうちです。今度いただくとすれば何でしょうねぇ。。旬のものと言う事で、カキあたりどうでしょう。九十九島産あたりで。。。

見た目楽しく、いただいて美味しくってお勧めです。

本日の逸品  ブッシュ・ド・ノエル ペアセット(コーヒー付) ¥1,500(場内ホテル宿泊者は10%引き) パティスリー
コーヒーが駄目な方は紅茶をいただく事もできます。

画像パティスリーはこの春のイチゴボスコ以来、オフ会・ミニオフで利用させていただく事が増えてきました。ズラッと並べて写真撮影する事の快感に目覚めた方々が多いみたいで。ノエルを6つ並べて歓声を上げながら写真を撮りまくるオヤジ・お姉さまたちの集団。傍から見たら。。。可愛いものでしょ?

楽しい仲間があつまり、美味しいものをいただきながら歓談する。とってもいいものですよ。
オフ会については某Y掲示板拙ブログなどで案内・呼びかけをしております。ちょくちょく行っていますので、宜しかったらご一緒しませんか?初顔合わせの方大歓迎ですので。
初対面であっても、ハウステンボス好きの集まり。話題に困る事もなくすんなり溶け込んで楽しんでいただけるのではないかと思っとります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック