ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウル 「宮廷料理コース」

<<   作成日時 : 2006/10/19 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
この夏人気・好評だった、人気韓国歴史ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」展。ハウステンボスのユトレヒトプラザが多くのお客さんで賑わっていました。
この展覧会開催記念として、アンカーズラウンジで提供されている韓国茶とソウルで提供され人気だった「宮廷ランチ」を先にご紹介しましたが、期間限定メニューで残念だなァと思っていたら、ソウルでは予約すれば宮廷料理をいただくことができると知り利用してきましたので、今回ご報告します。。。って、実は利用したのは8月27日;;忙しさにかまけてアップをサボっておりました。。。記憶もかなり曖昧になってきた部分がありますので、多少不正確な点もあるかと思いますが、ご了承願います。

ソウルの場合予約した場合のメニューは通常のメニューとは異なります。
昼2,500円、夜4,000円から(それぞれ1名あたりの料金)で、夜は2名以上での予約になります。
昼はビビンバなどのセットで、夜は宮廷料理・焼肉コースの2タイプより選択。
宮廷料理は4,000円と5,000円の2つのコースが用意されていて、4,000円のコースではクジョルパン、カルビチム、チヂミ焼き、石鍋ビビンバ、キムチ、わかめスープ、シャーベットの内容で、5,000円のコースはそれに加えてシンソルロ(神仙炉:鍋料理)がつくようです。

今回利用したのは5,000円のコース。

画像
まずは付きだしです。イカの刺身と野菜類をあわせたもので、ピリ辛でお酒がすすむ味です。

画像

九節板(クジョルパン)
肉と野菜の韓国式クレープ包みで宮中料理では代表格の端麗な料理とされています。
 クジョルパンというのは料理名であると同時に器そのものの名称でもあって八角形で九つに仕切られた器を九節板というようです。夏の宮廷ランチでは春巻き状のものが付いていただけでしたが、このコースでは器も「クジョルバン」で本格的。
 八角形で九つに仕切られた器には牛肉、人参、胡瓜、椎茸、海老、卵(黄身・白身)、もやしが入っていて(具材は時期により異なるかもしれません)これをミルチョンビョンという小麦粉の皮で作ったクレープ状のもので包んで食べる料理です。中央には既に巻いてあるものが見本的に入っています。写真は3人分です。
 卵は黄身と白身が別々に錦糸玉子状に。これはたぶん五味五色の思想によるものでしょう。
 五味とは塩・甘・辛・酸・苦の5種類の味で、五色とは赤・青(緑)・黄色・白・黒。これらのバランスがとれると健康が保てるとされているようです。
画像
 
 これがミルチョンビョン。もちっとしたクレープ状のもので、好みに応じて具材を巻いていただくとなかなかに美味しい。手巻き寿司感覚の楽しさですね。

画像

イカとネギのチヂミ
 野菜沢山とイカが入ったチヂミ。口にすると胡麻の香ばしい香りにパリッ、サクッ、もっちり食感。具材の味わいもしっかりとしていて、そのままでも美味しく、タレにつけても美味しいチヂミです。写真は3人分。
 特製のタレは、韓国しょうゆ、にんにく、ねぎ、ごま油など韓国産の食材にこだわり調味された秘伝のタレだとか。
 このチヂミは通常メニューにもあります。美味しいですよ。

画像

カルビチム
 カルビチムとはカルビを使った特別な席の最高の煮込み料理で、「カルビは肋骨、およびそのまわりの肉のこと。チムは少量の汁で蒸し煮にする調理法のことをさす」のだとか。
 カルビを色々な野菜と炒めながら煮込む料理で、カルビは柔らかく、とてもいい味。栗、ナツメ、銀杏、人参、大根などが彩りを添えています。写真は3人分。

画像

シンソルロ(神仙炉)
 中央に炭火を入れる筒のある鍋で作る料理で、クジョルパンとともに代表的宮廷料理。宮廷料理専門店か、宮廷料理の流れを汲む韓定食の専門店でしか食べることはできないのだとか。4,000円コースと5,000円コースの一番の違いはこのシンソルロがついているかいないか。4,000円コースでは代わりにワカメスープになるようです。 
 この鍋のスープが美味!ダシ(牛肉のダシ?)が良くでていて、醤油味(だったと思います)。
 具材は海老シンジョ?に海老、椎茸、玉子(黄身・白身)に野菜類。具材の多くは見栄え良く短冊状に切ってあります。

画像

ユッケビビンバ
 ソウルの名物ビビンバ。量控えめなコースサイズですが、ここまででかなりお腹にたまってますのでぴったりちょうどいい感じ。野菜の和え物ナムルに牛刺と卵の黄身がのっています。おこげも美味しくって、鍋のスープを少しかけまわしていただくとまた美味しい。

 器は韓国でも希少な全羅北道長水郡産天然石の角閃石を使用、調味料なども本場韓国のものを使用しているとか。コチジャンにも手を加えた、こだわりのビビンバ。満足です。

画像

デザートはレモンのシャーベットで、すっきり爽やかに。

韓国料理のイメージというと、焼肉、キムチにビビンバ、辛いなどといったイメージだと思いますが、クジョクバンなど和食にも通ずるもののように思いますし、薬食同源、五味五色とかヘルシーな料理でもあるようです。
なかなか味わうことができない、韓国宮廷料理。一度いただいてみる価値あり!と思います。

本日の逸品 宮廷料理コース  5,000円  ソウル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宮廷料理 in 韓国
韓国旅行G 2006年7月3日〜5日 ...続きを見る
ヨボセヨ?@韓流Blog
2006/11/08 00:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソウル 「宮廷料理コース」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる