ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ピノキオ「生ウニのクリームソース スパゲティ」他

<<   作成日時 : 2005/11/30 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

う〜ん、実に自分で思っていた以上にサボってしまったようで。。。

ワンテーマのこのブログ、最近少しやり難くなったような気がして。。。私が美味しいって思うものが、ほかの人も美味しいって思うか、なんて今さらっていうような疑問もありますが、カタルニアやロード・レーウ、ゴールデンホップといったこのブログでもご紹介させていただいた贔屓の店がクローズしてしまったり(再開期待してますよ!ハウステンボスの皆さん!)、いくつかのお店ではシェフの交代もあったり。。。
以前より、私の行動範囲も狭くなったような。。。

まぁ、サボりの1番の理由は私の余裕のなさ、なんですが。

実に1ヶ月半以上、2ヶ月近くぶりのアップですが、その間美味しいものもいろいろといただきました。
シェヘラやヴィノでいただいている美味しい(ノンアルコール)カクテルのように、嗜好品の類で、オリジナルすぎて名前もなく紹介しようがないものもありますが、料理でも美味しいものはいろいろあって、中にはブログネタかな?なんて思いながらサボっていたものも。。。
いささかアップの時期をはずしてしまったのですが、例えば

エクセルシオールの「からすみとキノコのフェデリーニ ルッコラ添え」です。このところの私のランチのお勧めエクセルシオール。9月は季節のお勧めメニューがなくって寂しかったのですが、10月に入り季節メニューが3つ登場。中でも注目がこの料理。

長崎の高級食材「からすみ」は、日本より古くからイタリアの地中海沿岸で作られていたとか。イタリアではボッタルガというようですが、ボラだけでなくマグロやスズキなどのボッタルガもあるらしいです。日本でもボラだけでなく鰆のカラスミなどもあるらしいですね。
このボッタルガ、粉末状にしたものが瓶詰めにして売られていてこれをパスタに振りかけていただくのが美味しいそうな。スライスだとパスタに絡みづらいって事もあるのでしょうか。

エクセルシオールでもキノコ類とパルミジャーノレッジャーノに生ルコラとともに、粉末状のカラスミが使われています。カラスミの風味を損なわない為に具材はシンプルに、カラスミの匂いを好まない方もおられるので、生ルコラを使う事で匂い消しにしているようです。粉末のカラスミはパスタによく絡むのですが、反面カラスミ独特のねっとりした食感を味わうことができませんので、パルミジャーノが使われているのかもしれません。カラスミの風味とチーズの風味は似たものがありますし。

さて、このパスタ10月6日にいただいてブログネタだと思っていたのですが、今までアップしなかったのはサボりだけでなく、カラスミのパスタと言えばプッチーニのイメージが強いので、それと比較してどうかな?という気がしたことも関係しています。
美味しい!って声もいろいろ聞きましたので、早くアップしとけばよかったかな?と思う反面、パルミジャーノの味わいが好みでないという方や、粉末状だけでは、って方もやはりおられたようです。
評価は多少分かれますが、おおむね好評のようで、食べてみる価値ある一品だと思います。提供期間が不明ですが(ひょっとして11月いっぱい?)

10月11日にいただいたデ アドミラルのコースも素晴らしかったですね。

アミューズは白身魚と野菜のマリネ















オードブルの「軽くスモークしたノルウェー産サーモンと海の幸、山の幸のテリーヌ」です。スモークサーモン、オクラ、ホタテ、朝鮮薊などを使ったテリーヌは見た目も美しく、カレー風味のソースで美味しくいただきました。添え物は柚子のドレッシングでマリネした椎茸。
実はこの逸品でブログ記事を、と思ってました。付け合せの椎茸にびっくりしたのです。柚子の風味で爽やかに椎茸の匂いや(私にとって)嫌な風味があまり感じることなく、むしろ美味しかったのです。って何のことやらわからない方もおられるかと思いますが、私はもともと椎茸が嫌いなんです。出されたものは黙っていただく、という風になったのはいつの頃からか。嫌いだけど食べる。でも噛みたくないから丸呑み。ドンコ椎茸の大きいのを決死の覚悟で飲み込んだ事もありました。最近では噛んで食べていますが、美味しいとは思わないのが、生まれて初めて美味しい!って思ったのがこの料理。ホントにびっくりしました。

でもこんな理由でお勧めするのもなぁ。。。椎茸嫌いには美味しくても、椎茸好きな方には逆に物足りなく感じる人もいるかもしれないし。。。って思ってたら気がつけば11月も今日まで。う〜ん。。。


じっくり煮込んだ森山町産スッポンと秋野菜のコンソメスープ」です。スッポンの出汁とゼラチンを使用したコンソメスープ。人参・大根・シメジ・小松菜入り。とても澄んだ滋味あふれるスープ。スッポンに抵抗のある方でもすんなり美味しくいただけるスープではないでしょうか。
次のトゥインクルフェアディナーのスープもスッポン。期待です。







ローズマリー風味の近海産ムツのポワレ セロリラヴのピューレ添え ビーツソース」です。
ほのかに甘いセロリラブ(根セロリ)のピューレの上にムツのポワレと牛蒡のチップが乗せられています。ムツは皮目はカリッ、身はしっとりしていて、ビーツのソースとあって美味。セロリラブのピューレはほのかに甘くて私の好物。










メインは「モリーユ茸入り五穀米リゾットを詰めた国産ウズラのロティ チンゲン菜のグラタンとイチヂクのコンフィ添え」です。
鶉に五穀米のリゾットを詰めてじっくり焼き上げたもの。青梗菜のグラタンとイチジクのコンフィが添えてあります。やや野趣を感じる一皿でワインとあわせると真価を発揮しそう。






ワゴンサービスのデザートはいろいろと迷ってしまう楽しさ。私が選んだのは、ヨーグルトとヘーゼルナッツのムースにチョコとコーヒーのムース、木苺のシャーベット。
美味しいコースの締めくくりです。

この素敵なディナーコースが味わえるのは11月30日まで。。。。って今日までですね;;






と言うことで、かなり長くなりました今回の投稿の締めは12月もいただくことのできるピノキオのパスタです。

生ウニのクリームソース スパゲティ」です。
生ウニ・潮の風味が効いていて美味。キノコの食感がアクセント、水菜は見た目と食感そして味のアクセントになっていて濃厚なパスタを飽きることなくいただけました。ウニはクリーム状にソースとして使われているだけでなく、粒状の塊も散在しており贅沢感、満足感を得ることができるでしょう。
12月25日までのメニューです。




本日の逸品  生ウニのクリームソース スパゲティ  1,700円 ピノキオ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピノキオ「生ウニのクリームソース スパゲティ」他 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる