ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS エリタージュ「エリタージュ エ ネレイド プラン」

<<   作成日時 : 2005/05/19 02:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
今回はちょっと特別編で、エリタージュランチ&クルーズ「エリタージュ エ ネレイド プラン」の私なりのレポをさせていただきます。エリタージュという事で、料理の写真がないこともあるのですが、クルージングを含めたこのプランがとても素晴らしいものでしたので、これまでとは少し異質な感じになるかとも思いますが、8日利用した際の(簡単な)レポをさせていただきます。

8日11時45分にF氏、Gさんとホテルヨーロッパロビーの生花前で待ち合わせ。集合したところでヨーロッパのベルカウンターにエリタージュを予約してある旨を告げ、迎えの車をお願いします。今回のメンバーF氏が前日ヨーロッパ泊(私はデンハーグ泊、Gさんは大村泊)であったこともあってヨーロッパ集合とし、ヨーロッパから迎賓館へ向かうことにしましたが、他の場内ホテルに宿泊していた場合は、それぞれのホテル発としたり、全員が場外ホテル泊若しくは日帰りの場合はホテルレセプションから迎賓館に向かうのが通常のパターンでしょうか。
集合場所にはK氏も素敵なレディと顔出しされて、仲間っていいなと改めて思いました。K氏の写真も楽しみです。

車で迎賓館まで(短い距離ですが)送っていただくのもワクワクする気分。迎賓館の陸の玄関口へ到着。丁重なお出迎えを受けます。このあたりからしてタダモノならぬ雰囲気。玄関口を抜けるとそこは2階フロア。中央に1階への大階段があり、その両脇がウェイティングルームのスペース。通常ならここで、メニューを選び、テーブルの準備等が整うまでここで食前酒にアペリティフなんぞを楽しむ所ですが、この日はプランによるものですから、メニューを選択する必要はなくって、クルーザーへの案内を待つのみ。でもこの時間が良いのです。迎賓館の雰囲気にひたります。窓からの眺めも素敵です。ポンツーンにはすでにネレイドの姿が。これがまた実に優雅な感じで美しい。通常の桟橋で見かける以上に優美。「ギリシャ神話に登場する海の精から名付けられた、クルーザー界のフェラーリと呼ばれるイタリア製最高級サロンクルーザー」ネレイドは迎賓館のポンツーンに実に映えます。

案内を受けネレイドへ。階段を降りていく時の高揚感。
ポンツーンにおいてネレイドを背後に記念撮影。この写真は希望すれば後日送付していただけるとか。
記念撮影後、乗船です。
食前シャンパンクルーズという事で、ベビーシャンパン「ペパリーノ」をストローとともに渡されます。クルーザー内ではガラス食器は使えないようで、シャンパングラスとはいかないようです。このシャンパンはクルーズ中に楽しむも良し、お土産として持ち帰るも良し。当然私はいただきました。ストローで飲むシャンパンはけっこう効きます。
もう1組の方たちが乗船されるのを待って、スタッフの方たちに見送られながら出航です。
いったんバックして方向転換し西水門の方へ。ネレイドの上部デッキ部分は高い位置にありここから見下ろす眺めはなかなかのものです。見慣れたHTBの風景を違った方向・角度から楽しみます。
ちょうどこの時11:30発のカナルカフェが西水門を通過するのを待って、入れ替わりに水門へ。狭い水門に大きなクルーザー。見事な操船です。風が強いとクルージング中止になるのは、強風下ではこの水門を安全に通過できないからでしょう。納得です。クルーザー(ネレイド)を購入するにあたってはこの水門を通過できるサイズで最大のものが選択されたとか。
ハーフェン橋だけでなく、水量調節後今度はスワン橋も跳ね上がります。クルーザーの背丈が高いので跳ね上がらないと通過できないのです。この橋があがるのは初めてみたように思います。
デリーフデ号横を抜け、マリーナから海上遊歩道横を通過し大村湾へ。好天に恵まれ爽快なクルージングの始まりです。
亀島(亀の姿をしています)?横まではゆったりとしたスピード(時速約10キロ)で進みますが、ちょうど亀島を通過したあたりからスピードアップ。クルーザーの最高速度までは出しませんが、60キロまで速度を上げて快調なクルージングです。西海橋の方へコース取りし、その手前あたりで帰途につきます。
上部デッキからの眺めは最高です。ここの座席数が6席なので、このプランの定員を最大6名までとしているのだと思われます。この日は2組目の要望に応えてなのでしょう。計7名でのクルージングです。
キャビンでクルージングを楽しまれていた方と入れ替わる形で、キャビン内を拝見します。ここは土足禁止。シャンパンをいただきながら素敵なキャビンでクルージングの後半を楽しみました。

再び西水門を通過し迎賓館へ。カナルカフェの場合でも正面に迎賓館を見据えながらのこの水門通過はワクワクする経験ですが、この日はそのまま迎賓館のポンツーンへクルーザーで横付けするのですから、気分は最高です。スタッフの方たちの丁寧な出迎えの中、見事な操船でポンツーン到着。

高揚した気分のままエリタージュへ。
興味津々でメニューに目を通します。この日のメニューは以下のようなものでした。

 佐世保魚市で水揚げされた天然鯛と赤座海老のテリーヌ 季節の野菜添え
 長崎産ゴンアジのポワレ カレー風味 愛野産ポテトのタンバル添え
 フランス産鴨の胸肉のロティ アンディーブのクリーム煮添え
 グランマニエ風味のパルフェグラッセ
 かわいい小菓子
 コーヒー

オードブルのテリーヌの前にアミューズとして、ソラマメのピューレにマスの卵を乗せたものが出されました。豆の旨みが凝集したコクのあるピューレは少量ですが、存在感があって食べ終わるのが惜しい一品でした。小品ですが、コースへの期待感を高める重要な役割をしっかりと果たしています。

パンはフランスパン、ゴマのパン、ライ麦パンの中から選択です。3つともいただいても良いのでしょうが、私はライ麦パンを選択。これに良質のバターをつけていただくのも美味しいのですが、絶品のソースを余さずいただくのにパンは欠かせません。

テリーヌも美味しかったですが、私は個人的にテリーヌをあまり好まないので、むしろ添えてある季節野菜の美味しさの方が印象に残っています。

ゴンアジのポワレも美味しくって、もっと食べたい!という感じ。ポテトも素晴らしく美味。

鴨の胸肉にロティにいたっては、こんな美味しい鴨肉料理食べたことない!という感動。アンディーブのクリーム煮も本当に美味しくって。。。至福のひと時でした。食べ終わるのが残念って感じです。

デザートも素晴らしかった。グランマニエ(オレンジリキュール)で香りをつけ、生クリーム、砂糖、卵等を混ぜ凍らせた氷菓といったものなのでしょうか。このようなデザートは私ははじめて頂きましたが本当に美味しかった。

ランチのメニューは日替わりだとか。こんな素晴らしいメニュー、また食べたい!とも思いますが、違うメニューのランチもいただいてみたい!期間中、懐具合が許す限り利用してみたい素晴らしいプランでした。絶対的なお勧めです。

本日の逸品 エリタージュ エ ネレイド プラン 11,000円(税込・サービス料別) エリタージュ

エリタージュ エ ネレイド プラン
【期間】05年4月1日〜05年10月31日
【内容】
  1.12:00〜 迎賓館ポンツーン発。「ネレイド」にて大村湾シャンパンクルーズ
  2.13:00〜 迎賓館ポンツーン着。「エリタージュ」にてコースランチ
【その他】
  ・1日2組限定(最大計6名様まで)
  ・悪天候(強風を含め)によりクルーザーが欠航になる場合があります。その場合エリタージュのランチのみ利用することは可能。
  ・食事中の飲み物は別料金。
  ・利用は中学生以上に限定。
  ・前日の18時までに予約
【予約・問い合わせ】
  エリタージュ 0956-27-0548

※このプランのレポートは別ブログでいろいろとリンクしています。宜しかったらご覧下さい。
http://htbmattari.exblog.jp/m2005-01-01/#1591370
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エリタージュクルーズ・ミニオフ
な〜り遅いレポですが、5月8日に行った「エリタージュ エ ネレイド プラン」を楽しんじゃおうミニオフの模様のご紹介です。 &nbsp; 参加者は私の他、GさんとFさんの計3名。ホテルヨーロッパロビーに集合し、お迎えの車で迎賓館へ向います。 &nbsp; 丁重なお出迎えに恐縮 ...続きを見る
ハウステンボス雑感
2005/07/13 18:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時

ホテルヨーロッパロビーから迎賓館までリムジンで行かれると
気分的に盛り上がります。

一昨年知人がエリタージュをランチで利用した際には、
場外宿泊者や、ランチのみの利用でもヨーロッパから
リムジンの利用ができました。
(現時点ではわかりません。可能かとは思いますが。あしからず。)
ホテルレセプションからだと、リムジンには乗れないようなので、
ひと手間かかりますが、ヨーロッパまで移動してからリムジンに乗ると
セレブな気分になれるかも・・・。下世話なようですが、コメントさせていただきました。
ケロッピ
2005/05/19 08:20
ケロッピさん、コメントありがとうございます。確かに現在でもヨーロッパ宿泊者がいなくてもヨーロッパに出迎えていただけるような印象があります。
ただ、その時の車の使用状況にもよっては、ヨーロッパからであっても必ずしもリムジンではないみたいです。私たちが利用させていただいた車はリムジンというには少し風変わり?でした。
帰りはグッとシックな感じの車でヨーロッパまで送っていただきました。
mattarinonbe
2005/05/20 01:38
モーレン会員です。迎賓館で食事したい。と言うと
「ホテルヨーロッパロビーにてお待ちください」
という具合になるらしいです。
リムジンかどうかは、人数とか、車の状況によるみたいですね。

お返事いただいてありがとうございました。
ケロッピ
2005/05/20 14:28
ケロッピさん、本当にありがとうございます。
コメントいただいて、拙文がより充実したものになったと思います。
これからもよろしくお願いします。
mattarinonbe
2005/05/21 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
エリタージュ「エリタージュ エ ネレイド プラン」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる