ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィノテーク「シャンパン・カクテル」

<<   作成日時 : 2005/03/01 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
食の饗宴を堪能している知人を待ちながら、この後の出来事(美味しい!話を散々聞かされるはめになるであろう)を憂い、俺は何しにホテルに部屋をとってまでここにいるのだ?とカウンターで黄昏ているオヤジが1人。バーテンダー氏がカクテルをスッと差し出す。
「おめでたい時にお出しするカクテルです。」。。。そう、俺はなんとおめでたい男だ。。。

ってのはフィクションというかネタですが、今回ご紹介するのは「おめでたい男」にではなく「おめでたい時」にふさわしいカクテルです。

ワインベースのカクテル。グラスにビターズを数滴たらした角砂糖を入れ、シャンパンを注いだカクテル。どちらかと言えば食前酒向きの甘過ぎず辛すぎないスッキリしたカクテル。カクテルの中で立ち上がる泡が華やかで美しく、基本的にシャンパンですから、お酒が苦手な女性でも大丈夫そうです。
 
20世紀初頭には完成していたらしい古くからあるカクテルを少しアレンジして出していただいてます。グラスは本来はソーサー型のもっと浅いシャンパングラスを使うようですが、より長く美しい泡立ちを楽しめるようにとこのグラスにしてあります。

映画「カサブランカ」でハンフリー・ボガード氏が「君の瞳に乾杯!」と言って世界中で広まったカクテルだとか。素敵でしょ?

いつも迷うのですが、このブログでカクテルをご紹介するのはとても難しい。カクテルの味わいを文章で表現するのは至難の業(みんな似たような表現になってしまう。。。)ですし、そもそも味の好みは人それぞれ。伊達に星の数ほどもカクテルがあるわけではないって事ですね。

シェヘラザードやヴィノテークでこれまで沢山のカクテル・ノンアルコールカクテルをいただいてきましたが、バーテンダーの方々が私の好みなどを考えた上で出してくださるカクテルで美味しくなかったものは1杯としてなく、いずれも美味しいもの。その中からどれかをピックアップするって事は本当に難しいです。

これまでにいくつかカクテルをご紹介していますが、それらはどちらかと言えばお店紹介的なものであったり、あるいは「ジューンブライト」や「ブーケ」のようにカクテルの味わい以外の面でお勧めしやすいものであったりします。
カクテル名とそのカクテルの風合いが良くって、それなりに多くの人に受け入れられやすそうな味わい・美味しさ、そういうのが取り上げやすいですね。カクテルそのものの味わいだけでなく、プラスアルファの魅力がわかりやすいもの。
飲みながらイメージが広がり、ストーリーを楽しむことができるカクテルって素敵だと思います。

きっとそのようなカクテルの引き出しっていろいろあるのでしょう。記念日やお祝いの席などに出すとっておきのカクテル。シュチュエーションに応じてのカクテル。

このカクテルも例えば。。。カウンターの片端で1人飲んでいるguraさんか、アンフィビアンさんかと見紛う様な綺麗な女性に、バーテンダー氏が「あちらのお客様からです。シャンパン・カクテルで「君の瞳に乾杯」です。」と差し出し、カウンターの反対側には二カッと笑うオヤジが1人。。。
使え〜ん!似合わ〜ん!
もう少し私に相応しいカクテルがいいな。例えば

普段から着る物に頓着しないオヤジがいつにもましてクタビレた様子。
そうと見て取ったI氏がオリジナルカクテルを差し出して一言、「今日のお客様に合わせてご用意しました。「ボロは着てても心は錦」でございます。」
目を丸くして感動する私。。。こんなんがいいなぁ。


本日の一杯  シャンパンカクテル  1,316円  ヴィノテーク


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「ボロは着てても・・・」
m(__)m お願いします。知らない方が聞いたら本気になさいます。
(次お会いしたら、、、ニヤニヤ←(^_-)

しかしご苦労されているのがわかります。
だからこそみなさまが楽しみにしていらっしゃると思いますので
ボチボチがんばってくださいね

バーカウンター アンフィビアンさんだけ座らしてくれ!


gura
2005/03/01 07:41
すみません。私があのカウンターに座ったら、居酒屋風と化してしまってます。
はっきり言ってうるさい客だという自覚はあります(爆)
やっぱりguraさんのような美人の方が似合いますよねぇ。。。。(うっとり)

でもやっぱりあのカウンター、すごく落ち着くんです。
友人いわく「我が家状態」(笑)

ちなみに、私もワインばかりではなく、カクテルも結構飲みます。
I氏は好みを熟知してくれているので、甘さ抑え目で作ってくれるんです。
リピーターの特権ですよね^^
マッキー
2005/03/01 19:34
いまだに入っていない・・・
やはり下戸だと中々入りにくいんですよね。
多分今回も行ってる時間がないし。
GWに初ヴィノ出来るかなぁ。

ぐらさん
やはりバーカウンター アンフィビアンさんとぐらさんセットでしょう!
美女二人似合うだろうな〜(静かにしていれば・・・失礼しました。)
urouro
2005/03/01 22:38
guraさん、マッキーさんコメントありがとうございます。

>知らない方が聞いたら本気になさいます。
そうですね、「心は錦」は拙かったかも。でもカクテルですから一応口当たりの良いネーミングでないと、ね。
それと、確かにguraさんはカウンターではないですね。ボックスの方ですものね。

マッキーさんは確かにカウンターと同化されてましたね。マッキーさんだったらどんなカクテルがお似合いでしょうね?「ハッピーアワー」?「エンドレスナイト」?「宵(酔い)の明星」?
失礼いたしました<(_ _)>

mattarinonbe
2005/03/01 22:41
ウロウロさん
>下戸だと中々入りにくい
そのための「のんべオフ」です。一度利用すると敷居も低くなるでしょ?
私、多くの場合ノンアルコールカクテルですよ。美味しいものもあるし、市中のバーと違って「シェヘラ」や「ヴィノ」は飲めない方でも、きっと寛ぎの場として楽しむことができるものと思います。慣れが必要かもしれないですが。
mattarinonbe
2005/03/01 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィノテーク「シャンパン・カクテル」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる