ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 中の茶屋 「チャンポン鍋」

<<   作成日時 : 2004/12/26 02:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
この冬HTBでは「長崎VS北海道フェア」が行われていますが、その第1弾「エビ・カニフェア」の中の茶屋でのメニューの1つがこの「チャンポン鍋」。
2名からということで、私には縁遠いメニューでしたが、先日母とHTB入りしてきましたので、その際にいただいてきました。

http://album.nikon-image.com/nk/NImageAlbum.asp?pos=186&key=604.423701&un=67741&m=0&pos0=181&cnt=5653
卓上コンロに鍋が運ばれてきます。

http://album.nikon-image.com/nk/NImageAlbum.asp?pos=187&key=604.423701&un=67741&m=0&pos0=181&cnt=1823
鍋の中には乳白色のスープが。いかにもチャンポンって感じです。
「料理長納得の味に仕上がったオリジナルダシが、長崎と北海道の海の幸を引き立てます。」と案内されている「オリジナルダシ」ですね。
思うにこの「チャンポン鍋」はこのダシスープを味わう料理なのではないかと。
お好みで香り豊かな柚子胡椒を足して味わいます。

このスープの中に長崎と北海道の味覚、沢山の具材を入れて味わいます。
海老にイカ、帆立、牡蠣に鮭・カナトフグ(?)などの魚、豚肉に鶏肉、椎茸、シメジ、かまぼこ、厚揚げ、水菜、キャベツ、もやしにチャンポン麺。

火の通りにくいものから入れるなど、鍋料理を味わう際のやり方はいろいろとあるかと思いますが、基本的には好みのままで良いと私は思いますが、1つだけ。キャベツは全て入れた方がいいです。良く野菜を残される方がおられますが、チャンポンはスープを味わう料理でもあります。このスープの味が具材によって微妙に変わってくるのです。
キャベツが高い時期など某ちゃんぽん屋さんでは、キャベツが極端に少なくなりモヤシがいっぱいってなことになるのですが、この時のちゃんぽんの味は美味しくないと言われたりします。キャベツから出る甘味がスープの味に大切なのですね。
魚介から出る出汁によってもスープの味は変わります。この微妙に変わっていく(目にみえて変わって行く訳ではありませんが)スープの味を楽しむのも、この料理の楽しさではないでしょうか。
ただ、スープを美味しい美味しいと楽しみすぎると最後の方でスープが不足気味になったりします。スープの追加はできるのかな?

〆にチャンポン麺を入れていただきます。
このチャンポン麺も美味しいのですが。。。ちょっと?ごま油の風味が気になるかな?チャンポン麺は下茹でしてあるようなのですが、麺が固まらないよう(だと思います)にごま油を絡めてあるのですが香ばしくていい面もありますが、ゴマ風味が強すぎるきらいもあるような。。。何よりちゃんぽんらしくないって気もします。

とは言え小食の2人、もてあますかなと思いましたが、綺麗に完食。美味しくいただきました。

本日の逸品  チャンポン鍋  1人前2,300円(2名より)  中の茶屋

余談ですが、HTBにおけるレストラン・メニューには多少詳しいと自負する私ですが、母とHTB入りする時は、前日から何にしようかいろいろと悩みます。
美味しいもののいろいろとあるHTBですが、70過ぎで小食という事で考えると、選択肢が限られるような気がします。
以前HTBにもメールさせていただいたのですが、もう少し、高齢の方向けのメニューやその案内を考えても良いのではないかなァと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中の茶屋 「チャンポン鍋」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる