ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS エクセルシオール「牡蠣と季節野菜のリゾット サラダ添え」

<<   作成日時 : 2004/12/08 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今年も九十九島牡蠣フェアが始まりました。
今年のフェアメニューは以下。
・牡蠣と蛤、愛野産ポテトの軽いクリームスープ   ¥840
・牡蠣とホウレン草、トマトのグラタン         ¥1,050
・牡蠣フライ サラダ添え                 ¥1,155
・牡蠣のスパゲッティー 柚子風味           ¥1,575
・牡蠣と季節野菜のリゾット サラダ添え       ¥1,260

昨年とは異なる内容でした。前回のフェアでいただいた「牡蠣入りピラフ」がとっても美味しかったので、また食べたいと思ってましたからちょっぴり残念。
今年はピラフではなくリゾット。

うん?ピラフとリゾット、違いがわかるようで。。。困った時は検索、ケンサク。。。
http://www.kbc.co.jp/radio/powershovel/consult/20010910.html
・語源は、トルコ料理。作り方は、鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎをよく炒めて、その後、具を入れ、お米を入れて透き通るまで炒めて、沸かしたブイヨンを入れて、蓋をして炊き込みにしたものが「ピラフ」。
・「リゾット」はバターを使って、野菜や具を炒めて、洗わない生米を入れて、あとワインやブイヨンを入れて、炊きあげるんです。 「ピラフ」と違って、生米を炒めずにすぐに炊きあげる。それから、蓋をせずに炊きあげていくんです。仕上げに、生クリームやチーズを入れますから、濃厚な味に仕上がります。

パエリアや焼き飯についても触れていて興味深いです。

リゾットの語源は『リーゾ・オッティモ(最高の米料理)』が短く詰まったとの説もあるようです。ふむふむ。
私の個人的な感覚としては、ピラフは洋風焼き飯でリゾットは洋風おじや。

クリーミーなリゾット。やや芯のあるアルデンテな炊き上がり。上に「洋風おじや」なんて書きましたが、「リゾットの命はアルデンテの歯ごたえ」だとか。
クリーミーかつアルデンテなリゾットに、細かくした冬野菜や各種キノコが入っていて食感も楽しめます。
上の野菜は、生野菜ではなくドレッシングでマリネしてある一手間加えたもの。薄塩のポテトチップスのようなものも添えてあり、最後まで味に飽きることなく美味しくいただきました。

本日の逸品  牡蠣と季節野菜のリゾット サラダ添え  1,386円(税・サービス料込み) エクセルシオール

ちなみに昨年の「牡蠣入りピラフ」はこちら。
http://album.nikon-image.com/nk/NImageAlbum.asp?pos=178&key=604.423701&un=67741&m=0&pos0=101&cnt=3439

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エクセルシオール「牡蠣と季節野菜のリゾット サラダ添え」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる