ハウステンボスファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ヌエヴァ・カタルニア 「イベリコ豚の黒ごしょう焼、甘酢ソース」

<<   作成日時 : 2004/07/24 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
本日のメインディッシュに選んだのは「イベリコ豚の黒ごしょう焼、甘酢ソース」。

このメニューのポイントは「イベリコ豚」。豚については国内にも様々な品種があり、TV・マスコミでもいろいろと取り上げられています。「黒豚」「ゴールデンポーク」「スーパーゴールデンポーク」「TOKYO−X」などなど。外国産でも「金華豚」「パルマ豚」などなど。

「イベリコ豚」はスペイン産の「ハモン・イベリコ」という生ハムが素晴らしい!という事で紹介されるようになったように思います。
世界的人気の高まりから、質の良いイベリコ豚は現地でも品薄気味だとか。
HTBでもエリタージュ!のメインディッシュとしてイベリコ豚を用いられたりしています。

カタルニアは店名からしてスペインにちなんだお店。メイン食材としてイベリコ豚は当然の選択であったのでしょう。
問題はメニューを見たとき、豚肉料理に2,100円という料金設定が受け入れられるか、ではないでしょうか?豚肉は牛肉に比べて安価というイメージが強いでしょうから。

実際にはイベリコ豚はかなり高価らしく、普通の国産牛よりも価値があるという話も聞きます。

イベリコ豚の飼育は特徴的で、放牧によるもので、1頭のイベリコ豚には1トン以上のドングリと、2〜3ヘクタールのコルク樫の森が必要だとか。ホンマ〜!?
そしてこのドングリが重要な意味をもっています。オレイン酸を豊富に含むドングリを食べて育つ事で、他の豚にない様々な成分を含むようになります。オレイン酸はもとより、ビタミンB群、ビタミンE、抗酸化物質を豊富に含むようになります。

イベリコ豚にはLDLーコレステロール(悪玉)や中性脂肪を減少させ、HDLーコレステロール(善玉)を増やす作用があり、血栓や動脈硬化を防ぐ効果があると発表されています。おおっ!なかなか素晴らしいではないの。
どうかしたお店なら、このあたりの事を店内にベタベタはってアピールするところですが、HTBは奥ゆかしい。

薀蓄めいた事はほどほどにして、実際に食べてみたところ、柔らかで旨みが濃い感じがしました。
全体に柔らかな感じですが、赤身は締まった感じがあり、とろける脂身との食感の違いが魅力的に思いました。赤身の旨みは(普通の)牛肉以上のような気がしましたし、脂身は本当にトロッとしていて美味しい!って感じです。
イベリコ豚の脂身はオレイン酸を豊富に含み、その組成はきわめてオリーブ油に近いものとされています。カロリーは高いでしょうが、健康には良さそうです。

美味しくいただきましたが、私個人の好みからすると甘酢ソースがどうかな?という気もします。美味しいのは美味しいのですが、もう少しさっぱり食べたい気がします。

付け合せにたっぷりのポテトとインゲン。これも美味しくいただきました。

本日の一品 イベリコ豚の黒ごしょう焼、甘酢ソース  2,100円  ヌエヴァ・カタルニア

ヌエヴァ・カタルニアのメニュー等については
http://htbmattari.exblog.jp/

【ご参考】
オレイン酸
http://www.nava21.ne.jp/~uesugi/ken/jiten/orein.htm
「オリーブ油の約80%を占めている脂肪酸がオレイン酸。
代表的な効果は、血中のコレステロールを減少させ、血液をさらさらにしてくれます。オレイン酸はリノール酸と違って、コレステロールの中でも悪玉だけを減少させます。
さらに酸化されにくいため、体内で発ガンのもとになる過酸化脂質を作りにくいという長所もあります。
ただ、高カロリーですので摂りすぎには注意が必要です。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヌエヴァ・カタルニア 「イベリコ豚の黒ごしょう焼、甘酢ソース」 ハウステンボスファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる